トップページ > 事故車を高く売るには? >  日頃のメンテが大切!

日頃のメンテが大切!

たとえ事故車となっても高く売るには、日頃からポイントを押さえてメンテをしておく事が大切です。

1.日頃のメンテナンスをしっかりすること
2.大きなキズ・凹みは修理しない
3.保証書・整備記録簿(定期点検整備記録簿)を用意する
4.走行距離をなるべく抑える

の4点は気を付けておきましょう。

1.日頃のメンテナンスをしっかりすること

やはり日頃からマメに洗車をすることは大切です。

特に社内にタバコやペット、芳香剤のニオイがなるべくつかないように清掃を心がけておくべきです。

オートバックスやイエローハットで販売されているような消臭グッズなどを利用するのも良いでしょう。

また車(中古車)を売る前には必ず洗車(ワックス)して、見映えを良くしておいたほうが印象が良いはずです。

このページのトップへ↑

2.大きなキズ・凹みは修理しない

大きなキズや凹みは修理しないで、そのままの状態で査定をお願いしたほうが結果的には損をしません。

もちろん大きな傷や凹みはマイナス査定となりますが、多額の修理代を払って修理した場合でも、その修理代が全額、上乗せされて査定されるわけではありません。

なぜなら買取業者(ディーラー)などは自社整備工場などで通常より安く修理できるからです。

このページのトップへ↑

3.保証書・整備記録簿(定期点検整備記録簿)を用意しておく

売る車の「保証書・整備記録簿(定期点検整備記録簿)」を査定時に必ず用意しておきましょう。

保証書はメーカー保証を受けるために必要となりますので車両本体の保証書はもちろん、社外品(カーナビなど)の保証書もあれば高額査定に繋がる場合があります(取り扱い説明書もあればベターです)。

また、整備記録簿(定期点検整備記録簿)があればその車の整備状況、オイル交換の頻度などが一目で分かりますので、買う側からすれば安心して買うことが出来ます。

このページのトップへ↑

4.走行距離をなるべく抑える

走行距離は少なければ少ないほど査定にはプラスですが、特に査定額の差が出やすいのが3万km、次に5万kmと言われています。

このラインを過ぎると過ぎないでは査定額が変わってくるので、車を売ることが決まったらその近辺の走行距離の場合はあまり走らないようにした方が良いと思います。

このページのトップへ↑