トップページ > 事故車売却の基礎知識 >  廃車にする?売却する?

廃車にする?売却する?

事故車対応で廃車にしなければならないのであれば、事故車の見積もりは最初に必ずとってもらいましょう。

ディーラーで廃車を宣言されたとしても、事故車の専門業者で高値で買取ってもらうことが出来る可能性が十分にあります。

事故車でも売れるのにはちゃんとした理由があるので、くれぐれも買い叩かれないようにしましょう。

事故車が売れる理由

ボロボロの事故車でも売れるのには理由があります。

廃車から部品を取って再利用する事で、利益が出るためです。

専門業者は中古パーツを沢山所有していますので、中小の自動車修理業者などはパーツを中古で探す場合に問い合わせをして、パーツを入手しています。

修理業者になかなか売れない中古パーツなどはヤフオクなどオークションサイトに直接出品して、販売していることもあります。

ですので、事故車だからと言って卑屈にならずに、堂々と売りに出るようにしましょう。

このページのトップへ↑

事故車買い取り業者のパーツ利用

事故車対応でディーラーに買取ってもらっても、修理して販売するのか、部品取りをしてパーツ販売するかはディーラー任せです。

軽度な事故ならばディーラーも修理して中古車販売をすることが多いですが、大事故なら分解して使えるパーツを取るという選択しかないでしょう。

しかし、実はこのパーツ取りという仕事は思いのほか利益が出るようで、廃車費用も捻出してもあまりあるぐらいなのだそうです。

事故車という概念はパーツ販売では関係ありません、部品が良好であるなら事故をしたという事実も何も関係ないからです。

中古部品は新品よりも利益も出るので事故車専門でパーツ販売をしている業者も沢山あります。

このページのトップへ↑

事故車の高額での売却例

実際にフロントがメチャクチャに破損した車でも30万以上で売却ができた事故車も存在します。

とにかくあきらめないことです。ただし、売却の際にトラブルに遭う可能性もありますので安心できる業者を選ぶことが重要です。

そのために出来る限り多くの業者に見積もりを出してもらいましょう。それにはインターネット一括見積もりが便利です。

このページのトップへ↑